ギムレット

 

 

久しぶりにギムレットを飲む。




ショート・カクテルの中で好きなカクテルを挙げよと言われれば、
ギムレットはその一つだ。




ギムレットには早すぎる』




とは、レイモンド・チャンドラーの小説『長いお別れ』の中に出てくる有名な台詞。




近年のドライ嗜好でフレッシュ・ライムを使うことが多いけれど、
当初はコーディアルを使った甘口のカクテルだった。




フレッシュを使う場合は砂糖を加えて甘みを補強するのが主流だが、
バリエーションを広げるなら、
ウォッカ・ベースやシェークせずにオン・ザ・ロックなどでも楽しめる。




今夜は名探偵フィリップ・マーロウになった気分でギムレットを飲むのもいいかも知れない。