読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

懐かしい香り

 

 

横断歩道で信号待ちをしていると、
懐かしい匂いがした。





軽い花の芳香が漂う香水の香り。





俺の前に立っているOL風の女性から、
それは届いていた。





いつかどこかで―――





それもひどく身近で嗅いだ匂いだった。





思い出せない。





が、それは確かに、
いつかの自分が慣れ親しんだ匂いだった。





控えめな花の香りが、
香水らしくない優しさを保っていて―――





どうしても思い出せなかった。





時間に余裕があるのを確認し、
デパートの香水コーナーに立ち寄った。





『花の香りで昔からあった物なんですが…』





定員におぼつかない説明をする。





『大体、こちらのような物になりますね』





店員が出して来た香水は数種類あったが、
ボトルを見た途端に思い出した。





記憶の中のものとは違ったが、
出された香水の中に同じブランド名のものがあった。





断片的な遠い記憶が蘇ってくる。





花の散った透明のボトル。





間違い無かった。

 






【ローラ・アシュレイNO.1】





 

昔、付き合っていた彼女の誕生日にプレゼントした香水だった。




思い出さなければ良かった――――